• コメント( 11 )
  • トラックバック( 0 )
トップへ

コメント一覧

    • 1. Response No Name
    • 2010年04月08日 00:24
    • 大麻から繊維が
      大麻から紙が
      大麻から食料が
      大麻から燃料が
      大麻から薬品が
      大麻から化学製品が
      大麻からその他もろもろもろもろの製品が
    • 2. Response No Name
    • 2010年04月08日 08:33
    • エネルギーとしてでなく、何かの材料レベルまでそのうち落ちるんじゃない。
      電気は原子力、自然由来燃料、風力、水力、太陽電池と選択肢沢山だ。
      メインエネルギーを電力という段階までくれば大して心配イラン。
      車は効率の悪い内燃機関が味があって面白いけどね。
    • 3. Response No Name
    • 2010年04月08日 22:14
    • ニッケルやコバルト同様に枯渇する、
      地球ある物質は合計して地球全体の質量しかないので
      枯渇するっていえばいつか枯渇する、千年後か1億年後か分からないけど
    • 4. Response No Name
    • 2010年04月08日 22:16
    • 石油化石燃料説が正しければ、地球が作り出す以上の速度で使えば、いつか枯渇する。
      そのうちまた湧き出るが、
      そして地球外生命体は存在する、隕石に炭化水素が含まれる事があるので。
    • 5. Response No Name
    • 2010年04月09日 00:37
    • 50年以上は絶対大丈夫だけれど、新エネルギーの準備を真剣にしておかないと、「底」が見えはじめた段階で世界で混乱が起こりだして、枯渇より先に人類が滅ぶぞ。
    • 6. Response No Name
    • 2010年04月09日 19:12
    • 真偽は不明だけど一昨年ぐらいに、石油を作る微生物がいるんじゃないか?
      という論文が出てたな。
    • 7. Response No Name
    • 2010年04月09日 20:14
    • おまえらが生きてる間に枯渇することは無いよ。
    • 8. Response No Name
    • 2010年04月10日 20:22
    • 石油の起源は韓国

      だから大丈夫だろう…多分
    • 9.  
    • 2010年04月19日 23:51
    • 枯渇はしないが減ってくるとエネルギーとして燃やすにはコストが合わなくなってくる。
      核融合あたりが実用化できれば石炭の液化で石油に代用できるし解決しそうだが当分無理そうだしな。

    • 10. Response No Name
    • 2010年04月20日 17:28
    • 生物が到底いない深度とはいうけど、
      液化して浸透したんなら低いとこにあっても不思議じゃなくね?
    • 11. Response No Name
    • 2010年11月06日 11:28
    • だから枯渇うんぬんより脱石油社会にした方がいいって。
      下らん事に金使ってないで新エネルギーに予算回してくれ。
      産油国もオイルマネー使って技術の買取や研究してるんだしさ。
      某国じゃ新エネルギー施設の建設費だしてやるから研究データと施設の施工図を寄越せって言って技術獲られたらしいしな。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字