• コメント( 9 )
  • トラックバック( 0 )
トップへ

コメント一覧

    • 1. Response No Name
    • 2010年08月04日 22:46
    • 機体のジュラルミンを切り取ってサバイバルに必要な道具を作るんだよ 知らないの?
    • 2. 無
    • 2010年09月18日 18:18
    • 刺した後ぬかれにくいようにとか?
    • 3. Response No Name
    • 2011年03月31日 22:06
    • 製品次第。
      ランボーで見るギザギザは本来(パイロットや空挺隊員が)飛行機から脱出する為。(針金を切ったりもしているがこれは彼の器用さの問題)
      今は鋸(木を切る)等いろんなパターンがある。
    • 4. -
    • 2011年08月23日 21:54
    • 鋸として使う実用上の物とデザインでついてるだけの二種類がある
      ちなみに刃がついてないギザギザでも使える物は使えて、釘とか切断できる
    • 5. むい
    • 2011年10月08日 00:48
    • おそらく魚の鱗とり
    • 6. Response No Name
    • 2012年02月19日 19:18
    • 第一次大戦のころ、突きがかわされた時にギザギザの部分を敵の軍服の襟首にあてて引き倒すのに使われたらしい
    • 7. Response No Name
    • 2012年03月03日 15:53
    • 破壊峰(ソードブレイカー)
      ナイフ同士の戦闘で、相手の刃を↑で受け止めて思いっきりひねって破壊するための奴らしい。
      今頃になってナイフ同士の殺し合いほとんど無いし、ほとんどロープなどを切るために使われているらしい。        情報源が小説なので、あまり信じないようにお願いします。
    • 8. Response No Name
    • 2012年03月10日 02:06
    • あれじゃね?
      トイレしたあとしばらく乾かしてかぴかぴになったのを
      ぽりぽりと取るやつじゃね?
    • 9. Response No Name
    • 2012年10月02日 15:56
    • マジレスすると物によって目的が違うので不明
      ランボーなんかのは観賞用、普通のは木工用、金属用のもある
      勘違いされがちだが、あのギザは刺したら抜けにくくなるので戦闘には不適
      そもそもこんな物で戦うはめになったら普通降伏する

コメントする

名前
URL
 
  絵文字